2016
10.28

決算銘柄はどうするか?

2016年度

日経平均は17,000円代を保っていますが、売買代金を見ると、2兆円に届かない日もあるので、まだまだ活況とは言えない相場ですね。

これから決算発表がある銘柄が多くなっているので、チャートを見て良い形の銘柄を見つけても、実際にエントリーする前には、必ず決算日を確認する必要があります。

なぜなら、決算日は、その企業の決算発表を見た上で売買する人が増えるため、株価が上下に大きく動く可能性があります。

スポンサードリンク



買いでエントリーして、ポジティブサプライズがあって、株価が大きく上昇し、含み益が大きくなる分には良いのですが、その逆もあります。

ネガティブサプライズで一気に下落し、ロスカットというシナリオですね。

そのため、私は、決算を控えているような銘柄はリスクが高いので、チャートの形が良くてもエントリーせず、見送るようにしています。

逆に、決算銘柄を売買する人は、株価が大きく上下するのを期待してエントリーするので、そのようなトレードのやり方もあります。

これは、その人のトレードスタイルや売買ルールによるので、どちらが良いとは言えませんが、私はあえてリスクを取らないというだけです。

決算というのは、いずれにせよ株価に影響を与えるイベントなので、注意しておく必要があります。

決算日を全く気にせずにいると、思惑と反対方向に大きく動いて、痛い目にあう可能性もありますので、自分はどのように対応するか事前にしっかりと決めておくべきです。

 

スポンサードリンク