2016
10.03

難しい相場で、トレーダーの助けとなってくれるもの

2016年度

10月に入り、日経平均は+148円の16,598円と反発しましたが、まだまだ当面はボックス圏の値動きが続きそうですね。

株価が一旦上がっても、また下がるので、こういう時は、様子見が一番。

私が保有している株も最低限ですし、それらに含み益は出てますが、ターゲットとする価格まで達しない限り、利益確定はしません。

今は含み益が数パーセント出ててますが、株価が反転すれば、躊躇せずロスカットします。

そういうルールなので、気分で調整したりするようなことは絶対にないです。

ずっと、このルールでやってるので、その数パーセントの利益欲しさに、臆病になって利益確定したりはしませんね。

だって、ただでさえロスカットが多いのに、取れる時に利益を最大限まで伸ばさないと、勝ちと負けをトータルした時に、マイナスになってしまうからです。

100時間以上もかけて検証したルールですから、自信があります。

このルールがない時は、何を信じて良いか分からず、常にビクビクしてました。

なので、トレードで勝つには、自分で検証を重ねて作ったルールが絶対に必要です。

それは、もちろん、トータルで利益がプラスになるルール。

これが、自分自身の強固な拠り所となります。

だから、ルール作りを面倒臭がってはなりません。

そのルールが、現在のような難しい相場でも大きな助けとなってくれるのです。

 

堀式株式投資術