2016
09.29

トレードあるある: 負けを取り戻そうと…

2016年度

現在のような難しい相場の時、ロスカットが続いて焦りを感じると、その負けを取り戻そうとして、余計なことをしてしまう人がいます。

つまり、自分の売買ルールにない取引をすることですね。

いつもは、帰宅後に銘柄チェックと仕掛けをしているのに、急に昼間から場を見て、デイトレ始めてみたり、順張りスタイルのはずなのに、逆張りやってみたり…

私も昔は、ついつい、そういうルール破りをしてました。

でも、それをすると、ますます悪い結果になります。

実際、会社の休み時間に場を見て、その時急騰していた、ある新興銘柄を飛び付き買いして、その後急落。

即ロスカットすれば良いものを、躊躇して、また株価が反転して値を戻すのを期待して、そのまま様子見。

しかし、その後、株価はますます値下がりして損失が膨らみ、その損失額に耐えられなくなって、泣く泣くロスカット。

この損失を取り戻すには、数ヶ月かかりました…

それでもまだ懲りずに、こういうことを何度か繰り返した結果、ようやく、

「自分のルールにない余計なことをすると、大損する」

ことを身をもって学びました。

つまり、何の戦略もなく、ルールにない、その場しのぎのトレードをすると、ロクな目に遭わないということですね。

今のような相場では、特にそういうことをしないように、自分を戒めることが大切です。

株ナビゲーター!(14日間無料期間あり)