2017
04.10

今週の相場は要注意!

2017年度

スポンサードリンク




これまでは買い戦略でうまく利益が出ていましたが、先週から急に厳しくなって来ましたね。

というのも、日経平均も1月18日の安値18,650円を割り込み、長期的に見ればまだ上昇基調と言えますが、短期的には下向きとなり、チャート的には相場の転換を予期させる形になってきました。

こういう時は、要注意です!

これまで買いで儲かっていた人は、ここぞとばかりに押し目を拾う動きをしたくなるかも知れませんが、私はお勧めしません。

なぜなら、相場が転換し、今後下落に転じることも十分考えられるからです。

そうならなければ、問題ありませんが、下落した場合、買いポジションは一気にマイナスとなり、大きなポジションを建てていた場合は、相当なダメージを負うことになります。

なので、私は、こういう時は基本的に、大きなポジションを建てるようなことはしません。

現在のポジションは、買いでエントリーした銘柄が、先週いくつかロスカットとなり、売りポジションで持っていた銘柄に含み益が出ている状態です。

週末にざっとチャートを見て、仕掛けるべき銘柄も見つけましたが、とりあえずは買いも売りも最小限にしています。

過去の経験上、こういう時に勝負しても、良い結果にならないことは分かっているので、基本的には様子見ですね。

あとは、ポジション建てるなら、株価が思惑と反対の動きをしたら、ロスカットを徹底することは絶対に忘れないで下さい。

例えば、買いでエントリーして、その後下落して含み損が出たら、自分のルールに従って、きっちりとロスカットして下さい。

こういう時に、株価はいずれまた上昇して元の価格に戻るだろうなんていう甘い考えはしない方が良い。

もちろん、そうなる可能性もありますが、そのまま下落した場合、損失額が増えて、ダメージが大きくなるので、しっかりとロスカットすることです。

ロスカットとは、損失を最小限に抑える保険のようなものであり、悪いものではありません。

この生き馬の目を抜く相場で生き残るためには絶対に必要なものです。

だから、ロスカットできない人はトレードしてはいけない。

特に今のような相場では、ロスカットできない人は致命的です。

これから相場は転換して、下落もしくは横ばいになる可能性が高いと肝に銘じてトレードすることをお勧めします。

 

スポンサードリンク