2019
10.28

好調な日経平均

2019年度

こちらは過去のメルマガのバックナンバーです。

掲載のタイミングは、実際のメルマガ配信と比べ少しタイムラグがあります。

最新のメルマガでは、その週における私のトレード戦略について紹介していますので、ご自身のトレード戦略の参考としたい方は、以下より購読申し込み下さい。

メルマガ購読は、もちろん無料です。

株で勝つ!リーマントレーダーKのスイングトレード奮闘記

特に、大きく下落したり、横ばいで動きがなく利益の出せないような難しい相場において、私は無駄な損失を出さないトレードスタイルを取っており、その考え方と相場への臨み方についても解説しています。

守りを基本としながらも抜け目なく利益を上げる私のトレード戦略は、損失ばかり続いてなかなかトレードが上手く行かない方には、間違いなく参考になると思います。


スポンサードリンク

先週の日経平均は、連休後、22,500円の ラインを突破し、そのまま22,800円で 終えています。

だんだんと23,000円のラインが近づいてきて良い感じですね。

このままの強さで23,000円を超えてきてくれると面白いのですが、株価がどうなるか なんて分かりません。

売買代金も2兆円前後のレベルを保っています。

しかし、さらに上昇するためには、買いのエネルギーが物足りないですね。

そのため、23,000円を目前にして跳ね返されてしまう可能性もあります。

先週、私はほとんどトレードしていませんでした。

というのも、チャートを監視していて、いくつか面白そうなチャートを描いている銘柄はあったのですが、決算が近づいているため、エントリーはしませんでした。

過去の経験から、決算日に持っている銘柄は動きが激しくなり、大きく利益が出ることもありますが、逆に大きく損失を被ってしまうこともあります。

私の持っている銘柄ですが、アンリツ(6754)が+3.15%、伊藤忠商事(8001)が+3.23%、そして、イビデン(4062)が+1.44%の含み益が
乗っています。

これらもしばらく持っていましたが、そろそろ決算日が近づいているため、様子を見ながら手じまいするかどうするか決めて行きたいと思います。

今週の相場は、さらに買いのエネルギーが強まって、日経平均が23,000円を超えていくか、それとも下落してしまうのか、しっかりと監視していきましょう。

とにかく、決算日が近づいている銘柄多いので、良さそうな形を描いている銘柄でも、きちんと決算日を確認し、その上でエントリーするかどうか判断するようにして下さい。

では、今週も頑張って行きましょう。

私のスイングトレード売買日記はこちら

おすすめ証券会社はこちら

トレーダーが読むべき本はこちら

スポンサードリンク

ランキングが上がるとやる気が出て、より良い情報を掲載したくなるので、以下クリックをお願いします。