2018
03.11

ロスカットについて

スイングトレード

今週の相場も乱高下で、株価の方向性もはっきりしませんでしたね。

私は様子見ではありますが、少しだけエントリーしてみたところ、ほとんどが即ロスカットになりましたね。

それでもロスカットに引っ掛からず、含み益の乗っている売りポジションの銘柄がいくつかありますが、現在の相場状況だと、このまま利益を伸ばせるかどうかは分かりません。

こういう乱高下で利益を出しにくい相場だけでなく、トレードにおいて最も大切なことの1つがロスカットです。

スポンサードリンク



私は、ロスカットについては、一切妥協しません。
思惑と反したら即ロスカット。

もちろん、最初は、ロスカットが苦痛でした。。

でも、そうやって含み損に耐えたところで、良いことなど1つもなく、トレード結果が悪くなるばかりだったので、その経験を踏まえて、ためらわずに歯を食いしばってロスカットを実行していたら、トレード結果が改善していったのです。

さらに、100時間以上かけてシミュレーションをして、ルールの検証をした結果、現在のロスカット幅に辿り着きました。

実際のトレード経験と気の遠くなるような検証作業の結果としてできたロスカット幅なので、これは自分の中では絶対的なものとなっています。

しかし、これくらいやっていないと、人から聞いたり、本で読んだくらいでは、即ロスカットできるようにはならないでしょう。

だからこそ、トレードでは経験が大切。

負けトレードも重要。

なぜなら、負けたことから学ぶことも非常に多いから。

負けたという結果だけでなく、どのようにして負けたかをしっかりと分析し、反省することで次につながります。

私の場合、自分の決めたルールでエントリーし、あらかじめ決めていたロスカットラインに来て、そこで予定通りロスカットとなったものは、負けトレードでも良しとしています。

なぜなら、これはしっかりと守りができたということだから。

現在のような利益の出しづらい相場では、利益を得ようとするよりも、ロスカットを徹底する方が重要であり、それをしていれば、損失が抑えられ、また儲けやすい相場になった時に、利益を積み重ねていくことができます。

相場で生き残るための武器。

それがロスカットだと私はいつも考えています。

 

スポンサードリンク



人気ブログランキング参加中!

ランキングが上がるとやる気が出て、より良い情報を掲載したくなるので、以下クリックをお願いします。