2016
10.16

マイナス・サム・ゲーム

2016年度

スポンサードリンク



株式相場は、敗者で溢れかえっています。

勝者はたったひと握りで、あとは食い物にされるだけの厳しい世界。

でも、私は、そんな世界で戦うことを決めました。

なぜなら、そのひと握りに入ることができれば、完全に自由になることができるからです。

日本にいなくても、世界中どこにいても、パソコンさえあれば、トレードでお金を稼ぎ、好きに生活することができます。

minus-sum-game_03

しかし、それは厳しい厳しい道のりです。

それは、これまでのトレード経験で散々味わってきました。

スポンサードリンク



では、なぜそんなに相場には敗者が溢れかえっているのか?

minus-sum-game_02

それは、このトレードというものが、ゼロ・サム・ゲームどころか、マイナス・サム・ゲームだからです。

トレードは一人でやってるわけではありません。

あなたが株を買ったということは、PCの画面の向こうに、あなたにその価格で株を売った人が存在しているということ。

そうでなければ、あなたがいくら注文を出しても成立することはない。

つまり、トレードでは、株を売る人がいて買う人がいる。

これって、すごく当たり前のことですが、忘れている人が結構います。

そして、もう1つ忘れていることがある。

それは、証券会社が、株を売った人からも、そして、買った人からも手数料をしっかりと受け取っているという事実。

買う人と売る人だけのやり取りなら、どちらかが勝てば、どちらかが負けるというゼロ・サム・ゲームとなります。

ゼロ・サム・ゲームとは、つまり、勝者は、敗者が損する分だけ儲かるということ。

でも、証券会社が手数料を取っている以上、負けた人は売った金額から買った金額を引いた損失に加え、売った時と勝った時の両方に手数料が発生しているので、それも損失にプラスアルファとして加わってくるということです。

勝ったとしても、敗者が損した分を全て受け取れるわけではなく、この手数料が引かれることによって、敗者が損した分より少ない額しか利益として受け取ることはできないのです。

これが相場の真実。

だから、相場って本当に厳しい世界なんです。

でも、それほどまでに厳しい世界だからこそ、勝ち組になることができれば、すさまじい利益を手にし、自由な生活を送ることができるようになるのです。

 

スポンサードリンク



人気ブログランキング参加中!

ランキングが上がるとやる気が出て、より良い情報を掲載したくなるので、以下クリックをお願いします。