2019
05.26

株 スイングトレード 売買日記 野村ホールディングス +11.1%

2019年度

スポンサードリンク

5/13に379.7円でエントリー。

日足で1.5年、週足で3年を見ても下落トレンドで直近安値ブレイクでの仕掛け。
ただし、短期的に日足で見ると、三角持合いブレイクとも言える。

1日目は、エントリーした後も下落して引ける。
2日目は、大きくギャップダウンして始まったが、その後上昇して陽線で引ける。しかし、前日の安値には届かず、窓は空いたまま。
3日目は、特に動きはなく、少し下落して陰線。
4日目は、大きく下落したため、逆指値を5/15の高値375.6円に引き下げる。
5日目は、さらにギャップダウンして始まり、その後陽のコマ。キリの良い数字350円を一時割り込む。

スポンサードリンク


6日目は、少しギャップアップして始まるも、その後下落し、陰のコマ。
7日目は、この日はギャップダウンして始まり、陽のコマ。350円のラインが下値支持線となっているように見える。この日、逆指値を5/20の高値362.2円に引き下げる。
8日目は、逆にギャップアップして始まる。このまま反転して上昇して行くかと思ったが、その後下落して陰トンカチで終わる。やはり、350円の下値支持線のラインを割れず。
9日目は、ほんの少しだけギャップダウンして始まり、その後ようやく350円の下値支持線を割り込んで、そのまま引ける。ここから大きく下げていくことも期待できる形ではある。そこで、逆指値を5/22の高値359.7円に引き下げる。
10日目は、ギャップダウンして始まり、そのまま下落して寄付き直後に目標価格を達成し、341.7円で約定。11.1%の利益。

ここ最近、相場が下落している影響で、先々週あたりから自分のルールが機能し、立て続けに売りで利益が出ている。
これは、まさに収穫時期。
こういう時は、自分のルールが思い通りに機能し、どんどん利益が出て、それまでの損失を帳消しにしてくれる。
ただし、先週末5/24(金)の日経平均は陽線で引け、21,000円のラインは死守された。
そのため、ここから反転して上昇して行く可能性も十分に考えられる。
今週は相場の動きをよく監視しながら、このまま売り戦略で行くか、それとも買い戦略に切り替えて行くか、じっくりと分析し、相場の動きに合わせて臨機応変に対応して行きたい。

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!
ランキングが上がるとやる気が出て、より良い情報を掲載したくなるので、以下クリックをお願いします。