2019
01.05

明けましておめでとうございます。

2019年度

スポンサードリンク

明けましておめでとうございます。

今年の相場も始まりましたが、大発会はいきなり大きく下げて来ましたね。

年末も大きく下げた日経平均。

去年の相場は色々とありましたね。

10月に24,000円を超えて来ましたが、その後、一転して下落し、それから22,500~21,000円の間でレンジの動きに。そして、12/19に21,000円を割ってから、一気に下落し、12/26には18,948円の安値を付けました。

そして、12/27には、また20,000円台を回復し、翌日の大納会も何とか20,000円の大台を割ることなく踏みとどまりました。

しかし、年明けの1/4には、また20,000円を割り込み、19,562円に。

スポンサードリンク

年をまたいでも乱高下するこの相場。

私は、年末の大暴落時に買いで入って、リバウンド値幅を取って、大きく利益を出すことができましたが、今は、静観しています。

今年は波乱の幕開けということで、こういう時は、とにかく様子見です。

私のブログやメルマガでは、結構、様子見していることがありますが、これも生き残るための知恵です。

ボラティリティが大きい時、私のルールでエントリーすると、ロスカットを連発することになることを良く知っているので、そういう時は無理にエントリーしません。

エントリーしたとしても、良いチャートを描いている銘柄だけに、少しだけ入ってみるだけです。

そして、思惑通りの方向に動いたら、買い増し、もしくは売り増しをしていく。

相場で生き残るためには、自分のルールを貫くしかない。

それが、自分のスタイル。

儲けよう儲けようとすればするほど、自分のルールにない売買をし、それが元で大きな損失を出し、相場から撤退せざるを得なくなる。

でも、それも自分で嫌と言うほど経験したから分かったこと。

なので、最初、私がどれほど口酸っぱく言っても、無理する人は必ずいる。

そして、それで大きな損失を出して、相場からいなくなる人もいるだろうし、心機一転、やり直す人もいる。

でも、それでもまた利益に目がくらみ、ルールにないことをして、思いもよらぬ損失を出す。

相場に入って来る人は多いが、出ていく人も多い。

そして、そこで思うように儲けている人など、本当に一握り。

新年、今年こそ相場で儲けようと気合を入れる人はたくさんいると思うが、本当に儲けられるようになるためには、それ相応の年数や忍耐が必要。

トレーダーは、本当に本当に厳しい職業。

サラリーマンの方がよほど安定している。

上手く行けば、普通のサラリーマンでは手にできないような利益を得ることができるが、それは、茨の道。

でも、我々がトレードをやるのは、大きな資産を手にするため。

それは、私もあなたも同じ。

だとしたら、まず、最低限の条件は、どのような相場状況であっても、生き残れるトレーダーであること。

ですから、年初にお伝えしたいのは、いきなり大きな利益を得ようとするのは止めるべきということです。

いずれ億単位の資産を手にするために、とにかく地道な作業をして、今年も生き残る。

日経平均がどれだけ暴落しようが、当たり前のように生き残るのです。

それを実現するために、日々努力する。

それは正直、とてつもなく地味です。

でも、地味な努力を積み重ねなければ、目指すところに辿り着くことはできない。

今年も、私の目的は1つ。

それは、相場で生き残ること。

これは、もう、私の信念のようなもの。

そのために、私は行動する。

その具体的な戦略については、毎週配信している私のメルマガでも書いていますので、是非、お読み下さい。
これを読んでいる限り、酷いことにはなりません。

私の毎週のトレード戦略を公開しているメルマガはこちら

では、今年も皆さんと一緒に生き残り、少しでも資産を殖やせるように頑張って行きましょう!

では、今年も引き続きよろしくお願いします。

スポンサードリンク

ランキングが上がるとやる気が出て、より良い情報を掲載したくなるので、以下クリックをお願いします。