2018
04.04

株で大損した人

2018年度

実家に帰った時、親戚の人から、株で大損した人の話を聞いた。

だから、株は怖いし、手を出さない方が良いというロジックのようだ。

だけど、こういう話は、嫌になるほど聞くが、いつも思うのは、なんでそんなに大損するまで保有しているのか?

もしくは、大損するほどのポジションを持ったのか?ということ。

そういう人は、株を買って、値下がりしてもロスカットしない。

買値まで戻って来るのを期待して、じっと待ってるだけ。

そんなことしたら、大損するのは当たり前。

スポンサードリンク



株をやるなら、エントリー前に目標価格とロスカット価格を決め、その価格になったら、儲かろうが、損しようが決済する。

株の取引をするなら、これが鉄則。

それができない人は、株などやるべきでない。

相場の調子が良い時は、誰だって儲かる。

でも、そんなうまい状況は、そんなにない。

だから、徹底してロスカットすることが重要。

それが私の常識なので、そもそも株で大損することが分からない。

大損など有り得ない。

そもそもロスカットとは、損失が大きくなる前に切ること。

ということは、自分の資金に応じたポジションサイズに抑え、利益とロスカットの幅を決めて、それを守っていれば、酷いことになるはずなんかない。

だから、ルールが大切。

自分で時間をかけて検証した結果出来上がったルールに従ってトレードしていれば、大損なんてするはずない。

それが分からないうちは、株の売買は、やってはいけない。

でも、そんな人がいるから、我々勝ち組は、儲けられるし、生き残れるのだが。

スポンサードリンク



人気ブログランキング参加中!

ランキングが上がるとやる気が出て、より良い情報を掲載したくなるので、以下クリックをお願いします。