2018
04.29

売りは危険。手を出すな!?

2018年度

スポンサードリンク



株の取引において売りは危険だと聞いたことがある。

実際、初心者の多くは、トレードする際に買いエントリーだけしかしない。

株の格言でも、「買いは家まで、売りは命まで」というものがある。

買いであれば、その会社が倒産するなどして、株価が急落し、株の価値がゼロになってしまうことはあり得るが、それ以上に損失が膨らむことはない。

つまり、買った価格がゼロになるのが最大の損失。

売りの場合、思惑と反して上昇した場合、株価には天井がないため、損失に限度はなく、どんどんと損失が膨らんでしまうということ。

だから、「売りはやるな」と言われる。

スポンサードリンク



しかし、売りエントリーをしないということは、相場が下降トレンドに入った時、基本的には、手をこまねいて見ているだけで、利益を出すことができない。

そして、株というのは、基本的には下がるもの。

なぜなら、相場で買いが入らなければ、株価は下がって行くから。

買いが続かなければ、株価は下がって行くのです。

ということは、株価が下がっている時に、何もできないというのは、あまりにももったいない。

株で利益を上げたいと考えるなら、相場が上昇トレンドの時は、買いで利益を出し、下降トレンドの時は売りで利益を出すのが常道。

私もそのように、売り・買いの両方でトレードしている。

初心者からすれば、私のやり方は、非常にリスクが高いように思うかも知れない。

しかし、リスクが高いというのは、つまり、リスク管理をしていないのが最も大きな原因。

私の場合、買いであろうが、売りであろうが、エントリー前にロスカット価格を決め、損失の幅を最初から限定し、何があってもロスカットを徹底しているので、相場格言にある「買いは家まで、売りは命まで」のようなことには絶対にならない。

もちろん、始値が大幅にギャップダウンして、最初想定したロスカット幅よりも大きくなることもある。

しかし、それで相場を撤退せざるを得ないような状況にはならない。

なぜなら、持っているポジション、つまり、投入する資金量もきちんと計算してからエントリーしているから。

そんな酷い損失を被るのは、ロスカットも資金管理もせずにトレードする人、つまり、初心者や負け組の人だけ。

相場で勝ちたいのなら、資金管理とロスカットを徹底し、その上で買いだけでなく、売りも行うのです。

つまり、損失をしっかりと管理し、買いでも売りでもエントリーして利益を積み重ねて行く。

そうすれば、家を売ることにもならなければ、命を落とすこともない。

これは簡単なことのようですが、初心者や負け組の人は、感情に任せてトレードしており、そのようなレベルで売りに手を出せば、どこまでも損失が膨らみ、命を落とすことにもつながる。

なので、資金管理とロスカットを徹底できず、自分なりに検証した上で作ったルールもない人は、そもそもトレードなどしてはならないのです。

スポンサードリンク



人気ブログランキング参加中!

ランキングが上がるとやる気が出て、より良い情報を掲載したくなるので、以下クリックをお願いします。