2018
10.07

トレードで大きく稼ぐためには?

2018年度

スポンサードリンク



さて、今回は、トレードで大きく稼ぐための秘訣についてお伝えしたいと思います。

私も、トレードを始めた当初は、トレードで大儲けして、大富豪になることを夢見ていました。

そして、長期投資でうまく行かなかっただけに、トレードに、文字通り「賭けた」のです。

最初は、サラリーマンでありながら、携帯片手にデイトレの真似事して、いっぱしのトレーダーになったつもりでした。

今思い出すと恥ずかしい限りですが。。

そして、あまりにも多くの損失を重ねて大失敗し、酷いショックで精神的にも打ちひしがれ、二度と株なんかやるもんかと思って、株からは完全に手を引こうとしていました。

この時は、仕事には全く手がつかず、頭の中は、相場のことばかり。

当時は買いしか知らず、しかも、出来高の少なく、値動きが荒い興銘柄ばかり扱っていたので、とにかく、株価の動きに一喜一憂して振り回される生活でした。

でも、生まれつきの負けず嫌いなので、どうにか勝ってやろうと思い、自分のやり方の何がマズいのか、徹底的に分析する必要があると考え、そこからトレードの勉強と検証をひたすら繰り返しました。

帰宅してから、毎晩深夜まで勉強と検証。

気が付くと、100時間以上もの時間を費やしていました。

スポンサードリンク



もう計算するのをやめましたが、今も勉強と検証は継続しているので、その倍はゆうに超えていると思います。

その時は、もちろん、儲けなどほとんどありません。

自己研鑽の日々。

でも、それが今も自分の血となり、肉となっています。

この生き馬の目を抜く相場で勝てるようになって分かったこと。

トレードで勝つための秘訣。

変な話かも知れません。

しかし、「勝とうと思わないこと」。

これに尽きます。

トレードは勝とうと思って勝てるものではない。

「あー、もう絶対ムリ!」と思って買った銘柄が大きな利益を叩き出したり、「これはうまく行きそうだ」と思った銘柄が、あっという間にロスカットになったり、とにかく、何が利益になって損失になるかなんて、未だに分かりません。

だから、とにかくルールに従って淡々とやる。

勝とうとか、儲けようとか、そんなことは微塵も意識しません。

ただの単純作業。

そうなるまで勉強と検証を繰り返すのです。

言うのは簡単ですが、これは、本当に本当に厳しい茨の道です。

何度も何度も嫌になります。

アホらしくなる。

絶対に勝てるルールなんて絶対に見つからないし、そんなものはどこにもない。

だけど、止めない。

そうやって勉強して検証し、相場と向き合ってると、分かる時が来ます。

予想してもムダ。

勝てるかどうかなんて分からない。

とにかく、検証に検証を重ねて、自分なりに勝てると思われるルールを作り、それを少なくとも1年以上は続ける。

すると、負けまくっても、最終的に利益が上がっているという、世にも不思議な経験をすることになります。

つまり、少ない勝ちで大きな利益を上げ、それが数多くの小さな負けを上回るということ。

これが私が見出した勝てる秘訣です。

そして、トレードは、1つの立派な職業です。

私は、一人のトレーダーとして誇りを持っている。

この道を極めるのは、あまりにも厳しいですし、いつまでも先が見えないので、正直なところ、私は安易にこの道を進むことを人に薦めません。

でも、本気でこの道を進みたいなら、短期で儲けることは諦めて下さい。

そして、儲けることは考えないで下さい。

精神修養と思って、感情を排除し、ひたすら勉強し、検証を続けて下さい。

全然派手じゃない。

面倒臭いし、泥臭い。

トレードって、私はそういうものだと思っています。

スポンサードリンク



ランキングが上がるとやる気が出て、より良い情報を掲載したくなるので、以下クリックをお願いします。