2021
06.14

SBI証券から初のIPO当選

2021年度

スポンサードリンク



先日、SBI証券から初めてIPOに当選しました!

当選した銘柄は、Enjinです。

前回当選したのは、2017年なので、実に4年ぶりの当選となります。
前回の当選については、以下の記事をご覧下さい。

久々にIPO当選しました!

2017年まではマネックス証券や野村證券から毎年のように1回は当選していたのですが、2018年からは何度申し込んでも空振り状態が続いていました。

ただ、IPOについては上記記事でも書いていましたが、片手間のお小遣い稼ぎという位置付けであり、銘柄によっては、当たれば数十万~100万円程度の利益が出るものもあるので、確率の良い宝くじみたいなものです。

しかも、今年は1月から6月11日までで、全てのIPO銘柄において、初値が公開価格を上回っています。

つまり、IPOに当選して上場日に初値で売却すれば、今のところプラスの利益が出る可能性が非常に高いということですね。

例えば、2/25に上場したアピリッツ(4174)ですが、公開価格が1,180円で、初値が5,600円でした。
つまり、375%の上昇ですね。

これはどういうことかと言うと、証券会社でIPOに申し込んで、当選して初値で売れば375%、
金額で言うと、4,420円の利益が出たということです。

また、もう1つの例を出すと、2/19に上場したWACUL(4173)ですが、こちらは公開価格が1,050円で、初値が4,645円だったので、342%の上昇です。つまり、こちらも当選して初値で売れば3,595円の利益が出たということになります。

これは、あくまでも当選できればと言う話ではありますが、それでも宝くじ買うよりは全然確率高いですね。

当選するには、とにかくいろんな証券会社から申し込みまくるのが一番です。

おすすめ証券会社

さて、今回の当選ですが、本当に1ミリも期待していませんでした。

なぜなら、2015年からずっと申し込んで来て、一回も当選したことがなかったからです。

途中何回か補欠当選していますが、それでも全く繰り上がり当選にはならないので、SBI証券で当選することは全く期待していませんでした。

自分としても、特にIPOについてはメインにはならないので、毎回何も期待せず、トレードの隙間時間に、単に長年の流れと言うか、癖で申し込んでいました。

それが今回いきなり当選して、正直、嬉しいというよりも困惑しました。。

さて、上場日は6/18です。

今回、どれくらいの初値が付くのか、とても楽しみです。

スポンサードリンク