2019
05.13

令和に入ってまさかの爆下げ!

2019年度

スポンサードリンク

こちらは過去のメルマガのバックナンバーです。

掲載のタイミングは、実際のメルマガ配信と比べ少しタイムラグがあります。

最新のメルマガでは、その週における私のトレード戦略について紹介していますので、ご自身のトレード戦略の参考としたい方は、以下より購読申し込み下さい。

メルマガ購読は、もちろん無料です。

株で勝つ!リーマントレーダーKのスイングトレード奮闘記

特に、大きく下落したり、横ばいで動きがなく利益の出せないような難しい相場において、私は無駄な損失を出さないトレードスタイルを取っており、その考え方と相場への臨み方についても解説しています。

守りを基本としながらも抜け目なく利益を上げる私のトレード戦略は、損失ばかり続いてなかなかトレードが上手く行かない方には、間違いなく参考になると思います。


令和に入って、日経平均は、米中貿易摩擦により、5日連続で下げました。

5/10に、アメリカは中国に対し、2000億ドル相当の輸入品に対する関税を現行の10%から25%まで 引き上げることを発表。

これを受けて、日経平均は、さらに下げ、21,345円で取引を終えました。

ゴールデンウィーク前の4/26の日経平均は、22,259円だったので、そこから914円も下落したわけです。

私は、ゴールデンウィーク前にポジションを整理していたので、休み開け相場の下落の様子を見て、いくつか売りでエントリーしたところ、だんだんと利益が乗って来ました。

ただ、企業の決算発表があるため、決算を控えた銘柄については、一旦様子見をして、決算発表後の動きを見てからエントリーする方が無難です。

相場が下落していても、好決算銘柄には、買いが集まるため、まだ売り一辺倒での戦略とはしません。

今週は、ヨーロッパに出張で来ているのですが、こちらでも日本の相場の動きと米中貿易摩擦関連ニュースを注視しながら、買いと売りの両方の目線で銘柄を監視して、チャンスが来たものについては、エントリーして行きたいと考えています。

というのも、SBI証券の注文方法が豊富になったので、時差があっても、利益確定やロスカットをしっかりとセットしておけるため、安心してトレードできるからです。

詳しくは、以下をご覧下さい。

さて、今週の相場も要注目です。

気を抜くことなく、頑張って行きましょう!

私のスイングトレード売買日記はこちら

おすすめ証券会社はこちら  

トレーダーが読むべき本はこちら

スポンサードリンク